歯列矯正の種類

歯科矯正というとお金がかかる、時間がかかる、痛い、といったイメージのほかに歯に器具がつくことによって見た目が悪い、特に女性は治療中ということを知られたくなくて口をあけられなくなっていまう、とイメージしてしまう方もいると思います。
現在ではその人の希望にあわせた方法を選ぶことができます。歯の表面につける器具を金属製の金具ではなく白や透明のものに変えることもできますし、器具自体を見せるのがいやなのであれば歯の裏側に器具をつけて周りの人に気づかれずに治療することもできます。物を食べるときに違和感があるのでは?と心配になる場合は人から見えやすい上あごは裏側に器具を、あまり目立たない下あごのほうは表側に器具をつけるなどの組み合わせもできるので予算にあわせて治療ができます。器具自体を付けることに抵抗がある、という方におすすめなのがマウスピースを使った方法です。透明のマウスピースなので目立ちにくいし自分で取り外しができるため食事のときなどは気にせずに物が食べられます。もちろん、指定された時間は守らないと矯正にかかる時間が長くなっていってしまうため注意は必要です。
歯科矯正の方法はひとつではありません。自分に合った治療法をみつけてキレイな歯並びを手に入れましょう。